オーラルケアで予防

歯のトラブルは早期発見・早期治療がもっとも重要だといわれています。虫歯や歯槽膿漏を予防するには、まずは自宅でのオーラルケアが基本です。なかなかていねいに歯磨きをする時間が取れないという人が多いと思いますが、夕食後だけはしっかり歯磨きする習慣をつけておくとよいでしょう。研磨剤が入っている歯磨き粉は歯の表面を削り、白くする効果がありますが、磨きすぎると歯の表面のエナメル質を傷め、虫歯になりやすくなってしまう原因になるので、注意が必要です。歯槽膿漏や歯周病が気になる人は、柔らかめのブラシで弱った歯茎を傷めないようにオーラルケアすることが大切です。歯と歯の隙間を掃除する歯間ブラシやフロスを使用すると、磨き残しを防げます。

しかし、どんなにきれいに磨いているつもりでも、虫歯や歯槽膿漏になる場合もあります。虫歯の場合、冷たい水や熱いお湯などが歯にしみたり、歯に痛みを感じるようになったりする自覚症状があって気がつく事が多いです。しかし、歯槽膿漏や歯周病は痛みや違和感がまったくなく、静かに進行してしまいがちなので、注意が必要です。歯槽膿漏や歯周病は、食べ物の残りが雑菌と混じって繁殖し、放置されることで石化してしまう歯垢が原因です。歯垢になると、自宅でのオーラルケアでは取ることができないので、歯科医院で歯垢除去してもらう必要があります。歯垢をそのままにしておくと歯を失うことにもなりかねないので、自覚症状がなくても半年に一度くらいは歯科医でオーラルケアする習慣をつけておくことが大切です。