注意点と探し方

歯列矯正は矯正歯科医院で受診する必要があります。現在では、全国のほとんどの歯科医院で治療を受けることが出来ますが、医師によって矯正に関する知識や技術、経験などはどうしても差が出てきてしまいます。 矯正歯科は治療の中でも特別なものであり、通常の虫歯や歯周病などの治療と比べると費用は高くなりがちです。なので、出来ることであれば信頼のおける医師のもとで矯正治療を受けることが必要となってくるわけです。 歯科医院の掲げることのできる看板は「一般歯科」や「小児歯科」などの大部分しか掲げられず、他の医院と比べるのが難しいとされています。歯科医療の細分化もその要因の一つなのですが、このことから矯正についても見比べが難しいとされています。なので、決して「自宅から近いから」とか「料金が安いから」といって通院すべきではないのです。

矯正歯科医院の見極め方の一つとして、在籍している医師が日本矯正歯科学会の認定医以上の資格を有しているかを確認する方法があげられます。日本矯正歯科学会は矯正学の進歩と発展をはかる学会のことで、認定医として認定されるには矯正学の知識と経験が絶対条件となります。そのため、医師が矯正学に精通されているかどうかを私たちでも十分に判断することが出来るということになります。 また、医院を比べる際には、インフォームドコンセントに力を入れているかどうかも重要となります。インフォームドコンセントとは「説明と同意」という意味です。患者に納得のいくように、治療に関するメリットやデメリットを十分に説明してくれることを指しています。ということで、治療に関してメリットだけを挙げてくる医院には注意なのです。